整理の適正量

掃除道では掃除を四つのカテゴリーに分けています。

整理
整頓
清潔
清掃

それぞれに定義があり、

整理は不要なものは捨てること
整頓はすぐに使える状態に配置すること
清掃は埃を取ること、空気環境を整えること
清潔はピカピカに磨くこと

としています。

今日はその中の整理について
お話したいと思います。

整理は不要な物は捨てることですが、
お掃除を上手に行うには
まず、この整理において、
自分の管理できる適正量まで
物を減らすことが必要です。

私は元々お洋服の量が多くて、
これはおしゃれさんだからというわけではなく(笑)
お下がりが沢山まわってきたり、
あとは今思えばですが、
自分の好みやこうありたい!という明確なイメージがなかったために、
色んな種類やテイストの服(もらい物も含めて)
があったためだと思います。

またそれらをもったいないとか
来年はきるかも、、、
なんて思って捨てられずに
とっておいた為に
洋服タンス以外に
衣装ケース6個分くらいの
お洋服があったのです(;^_^A

掃除道では
今使っているか使っていないか
で仕分けをして、
使っていない物は
捨てるか譲るか売るかして
処分していきます。

その方法でお洋服を整理していったら、
なんと、、、
今は衣替えがいらなくなりました!

つまり、
洋服ダンス一つに
私と主人の服が夏服も冬服も
全て入ってしまいました(;^_^A

たぶんゴミ袋20袋くらいのお洋服を
処分したと思うのですが、
もちろん困ることはなく、
また不思議なことに、
今使っている物だけ残したら
自分の好みがはっきりして、
無駄な物は買わなくなりました(*^^*)

一つのタンスに収まっているので、
引き出しを開ければ一目瞭然。
持っているお洋服を
まんべんなく着るようになったので、
以前より服のローテーションの数は
増えた気がします(笑)

何より衣替えがないのはすごく楽チン!
梅雨などは気温の変化が激しくて、
長袖着たり半袖着たり、
衣替えがあると一度しまったものを
また出して来たりする必要がありますが、
全部洋服ダンスに入っていると、
必要な時に必要なお洋服が着れるのです(*^^*)

そんな訳で今は洋服タンス一つに収まった私のお洋服たち。
これが私にとっての洋服の適正量だったんだな!と思います。

まずは整理をして物を減らすことは
とても重要で、
それにより、綺麗を維持できたり、
本当に使いたい物が使いやすく
なるのだなぁと
実感した体験でした!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ